リウマチ

パソコン,リウマチ,SIRIUSタンポポ

先日ある会合で同級生のここではK君としておきます。そのK君もリウマチを発症していて座布団の上には正座ができない状態で話を聞いてみるとちょうど発症したのが私と同じ時期約3年近く経つそうです。

 

これからこの2人の状況をサイトに載せながら自分の寛解に至った状況まで徐々に説明をサイトにアップしていきたいと思っています。K君の事はさておき自分の状況を話言ってみようと思います。ちょうど2年半前の11月の下旬に歯医者に行っていました。私の歯は右側の奥にある4本の歯が欠けていました。その4本のうち1番奥の歯は親知らずと言うことで医者もこの歯はなくてもいいでしょうと言う話でしたがあとの残り3本は必要な歯だと言うことです。

 

そして右の奥の下の4本がないことによって左側の歯を酷使していると言う状況なので左の歯が痛む確率が高くなっていて今のような状況ですと言われました。今の状況と言うのは左の奥歯が治療した歯ですがその治療した分が痛んできてものが噛めないと言う状況でした。つまり右の奥の歯は下の歯がないのでものが噛めない、そしてそれが原因で左の奥歯を使いすぎているので治療した歯が痛んでしまいやはりものが噛めなくなってきている。その対応として右の奥歯へインプラントを入れたらどうかと言う話でした。インプラントは金額的にもかなり負担になるような気がして躊躇していましたがともかくものが食べにくいと言うことで思い切って右の奥2本をインプラントにすると言うことにいたしました。

 

そしてインプラントは外科手術と同じようなことをすると言うことで11月の末にその手術を始めました。インプラントをセットするとそのまま1週間置いて抜糸をしそれから約1ヵ月後に今度はそのインプラントの台に義歯をかぶせると言う予定でした。ところがそのインプラントを歯の下の骨に埋め込むと言う手術の時に1度ならずとも2度も感染が発生していちど入れたインプラントの根取り外すと言うことを2回もしたわけです。

 

感染していると言う事はつまりそこが膿むと言う状況になる前の段階である意味体の中に膿が出始めていると言うわけです。ある意味自分の口の中はいろいろな細菌が多く膿やすいと言うことになるわけです。

 

パソコン,リウマチ,SIRIUS元気な子

 

若い子のように元気になりたいと思います。

 

パソコン,リウマチ,SIRIUS関節リウマチオビ
両手の指の関節が腫れ上がってきて医者に行ったらリウマチの恐れがあると言われその後あまりにも手が痛いので骨が変形しているのかもしれないと思って接骨院へ行きました。接骨医は私の両手を見てすぐさまこれはリウマチだ接骨院で治る状態では無いから早くリウマチ専門の医者行った方が良いと言われました。
パソコン,リウマチ,SIRIUS健康な手

 

理由もなく左右の手が同じように指の関節が腫れ上がり痛みを持っているということがほとんどリウマチの症状だと言われました。

 

実は私はリウマチになるのを恐れていました、私の叔母が若い頃からのリウマチで私が生まれてから叔母が歩いたのを見た事はありません。いつもこたつとか居間に座っていてみんなの話を聞いている、穏やかな顔をしながらみんなの話を聞き多分世間の勉強してたのだと思いますがかなり若い頃から出歩くことができなくなったわけです。

 

そして私の妹がリュウマチの重傷患者で33 、4歳の時に発症してそれから35年間ぐらいずっとリウマチに悩まされてきました。今相模原市に住んでいますがその相模原市に住んでいる理由の1つが相模原市には日本一のリウマチに対応できる病院があると言うことです。

 

そして私のいとこも4人リウマチを発症しています。私は娘には女の人の方がリウマチにかかる率が高いから気を付けろ気を付けろと会うたびに行っていましたが娘はリウマチではならず自分がリウマチになってしまったわけです。

 

このリウマチになりたての頃はともかく指が痛くて力が入らず自分の寝ている布団の上げ下げにも苦痛でした。そしてリウマチではないことを願っていろいろな痛み止めの薬も飲みました。

 

医者行かなかったわけで近所の薬局で売っている痛み止めを飲んだり塗ったりして過ごしていましたが2ヶ月3ヶ月たっても痛みはなくならずに両手の指の関節が腫れはますますひどくなってきました。

 

パソコン,リウマチ,SIRIUSリウマチ発症オビ

 

前にも書きましたが整骨院へ行って両手を見てもらってその整骨院が言うのには両方の手の指の関節が同じように痛くなってくると言うのは間違いなくリウマチです、これは早く専門の医者に行ったほうがいいですよ、今は新しい薬ができていてわりと早く治ります、と言われた時はものすごいショックでした。

 

私の叔母は重症なリウマチで妹も重症なリウマチ、そしてその2人とも30そこそこから外を歩くことができなくやがて1カ所に座ったままの生活、現在では洋間が多くなっているので妹は数年前から車椅子での生活をしています。

 

私のいとこにもリウマチを患っている人が4人ほどいます。そして家内のおじさんもリウマチになっていると言うことで昔からリウマチは遺伝するなどとも言われていましたが今は遺伝は無いというのが結論のようですがリウマチになりやすい体質は遺伝するようです。

 

私の娘には私のほうの系統にもリウマチがあるし家内のほうの系統にもリウマチがある。その頃私はリウマチは肌の色が白くて柔らかい感じの肌をしている女性がなりやすいと言うふうに思い込んでいましたので娘には太陽の光を浴びるとか外へ出て体を動かせとか注意をしていましたがまさか外で仕事をしており肌の色も黒い自分がなるとは思ってもいなかったわけです。

 

今思うにリウマチは遺伝ではなく体の骨格や体格あるいは性質が似ている人が発症する、そういう結論が出ていると言うことを聞いたことがありまさにそれは正論だと思っています。

 

私はリウマチだと言う診断を整骨院でされた時から何とか自分で治せるものなら治そうと思いいろいろな本を調べました。その中で福岡市で内科の医院を経営している今井先生と言う方が書いた薬を使わずにリウマチを治す5つののステップパソコン,リウマチ,SIRIUSリウマチを治す本という本がものすごく参考になりました。

 

この今井先生は本の中で書いていましたがリュウマチの方は体臭というか口臭というか独特の匂いを持っているそうです。かなり小さな匂いだから普通なら誰にもわからないけれどもこの今井先生は人に比べて鼻の嗅覚がものすごく良いと言うことで今井先生に言わせるとリュウマチの患者さんは全てが同じような匂いがするそうです。

 

しかし同僚に聞いても同僚の医師はそれが全然わからないし匂いなど認識できないと言う事だそうですがその匂いがすると言う話の意味が後で今井先生の本を読んでいると理解できるわけです。そしてもう一つは私がリウマチになったと言うことで悩んでいるときに家内の弟の友人がやはりリウマチになって早く医者へ行ったら1年位で正常な活動、普通の生活ができるようになっていると言う話を聞いてきて私にもとにかく早く医者に行けと言うようになりました。

 

なぜこの今井先生の本が参考になったと言うことを話してみたいと思います。まずこの今井先生の本の中には人間の体の中になんだかの感染兆候が現れるとそこにその感染を予防するために白血球が集まる、ところが人間の体の中ではその白血球の数を制御をできない、そしてそのために多く発生した白血球が自分の仕事だと思って感染していない正常なところを攻撃してしまう。

 

その攻撃の目標となるのがいろいろな関節でありその関節を白血球が攻撃するためにそこに発熱してその部分が炎症を起こす、それがリウマチだと今井先生は書いている。

 

素人が読書して大まかにその本の内容を説明すればそのようなことだと思う。これから自分のリウマチの寛解に向かった日々のことを書いていこうと思っているけれども素人の読解力は当然不安であると思うからリウマチで悩んでいる人はこの本を買って読んでみるといいと思います。

 

この本の主題はリウマチであるがそもそもリウマチと言うのは内科の病気でありその発症の原因は鼻口喉に何らかの障害がある人がかかりやすいと言うことです。言われてみれば私も鼻に障害を持っており左側の鼻が詰まりやすい。多分人と比べれば右側の鼻も詰まりやすいのではないかと思っています。

 

そして鼻の状態が良くないから口呼吸をする。動物の中で口呼吸をするのは人間だけだとその本では炊いていたが口呼吸によって直接喉に空気が入る。端から入る空気は人間の鼻の中にある毛細な鼻毛により空気中の塵やほこりが取り除かれているという事です。
パソコン,リウマチ,SIRIUS線

 

パソコン,リウマチ,SIRIUSあいうべオビ

 

リウマチは直接の原因ではないけれどもまず口呼吸をしているそうです。ほとんど気がつかないけれども口呼吸をしている人が結構いるらしい。口呼吸をしているから必ずしもリウマチになるということではないがリウマチになっている人は口呼吸をしている人が多いということです。

 

リウマチを直す5つのステップと言う本では口呼吸をしていると言うチェックリストが載っている、興味のある人は本を買って欲しい。そして口呼吸を止めるためには「あいうべ」がいいそうです。

 

あいうべと言うのは口を大きく開けてあと言う、そしていと言う、次はうである、全て口を大きく動かして発生する、最後はべである。このあいうべを1日に3回各回とも20回以上言うのがいいらしい。ただ外で行ったりするとそのために口の中が乾燥します、特に冬などは乾燥するので一番いいのは風呂の中でするのがいいということです。

 

私はこの本を読んでからもう2年以上毎日このあいうべを本の通り1回ごとに20繰り返しそれを日に3回以上行っています。

 

私の仕事場は車で5分位でつける近隣にあるわけだがその行き帰りにあいうべを繰り返している。もう2年位前になるけれどもある会合で私がこの話をしたら私の同級生の女の人、まぁもうかなりの歳の人ではあるが新聞か本でこの話を読んで私の話に賛同してくれてその時言ったのがその人が読んだ書物にはこのあいうべは誤飲性肺炎の予防になると言うことで進めている病院あるいはお医者さんもいると言うことです。

 

このあいうべを繰り返す事は車を運転しながらでもできるので別に難しいことでもありません。
パソコン,リウマチ,SIRIUS大声
あいうべ体操の石井先生の未来クリニックはここ

 

パソコン,リウマチ,SIRIUS眼の話

 

リウマチではないが健康、体の話という事で友人から聞きいて効き目を感じた話を書いてみようとおもいます。友人は2年ほど前から自宅の庭にあるブルーベリーの実を一日に15粒づつ毎日食べていたら目の視力が1,2近くまで戻ったという
パソコン,リウマチ,SIRIUSブルーベリー
老眼で眼鏡を掛けていたがいらなくなったという話を聞いたのでわが家にも家内が庭先に植えておいたブルーベリーの木から収穫した実を食べてみたところ2,3日で目やにが出なくなりました。

 

通常朝起きると目が開けにくいくらい目やにだ出ていて目薬をつけないと外が歩けないくらいだったが目やにが全然でなくなったので今度はアマゾンでブルーベリーを買って食べています。
パソコン,リウマチ,SIRIUSブルーベリーAmazon
パソコン,リウマチ,SIRIUSリウマチの続き
リウマチが発症したときに実は私はかかりつけの医者に別のことを相談していました。それは70歳になると献血ができなくなるのです。私は若い頃からずっと献血を続けておりましたので普通は65歳で献血はできなくなるのですが続けていた人は満70歳になる前まで献血を受け付けてもらえます。

パソコン,リウマチ,SIRIUS献血

献血をすると血液センターの方で血液で調べられるいろいろな病気の検査をしてくれて献血も2週間以内に献血センターからその診断の結果が送られてきます。私は69歳の12月まで何も病気の症状はなくて安心していたわけです。しかし今度はその検査をしてもらうことができないと言うことになりますので自分で自費検査をしなければならない、そこで家内の姪が医療事務の資格を持っており近所の医者に受付方々事務をすると言うことで勤務しているクリニックに検査をしてもらいました。

パソコン,リウマチ,SIRIUS血糖値

ところが検査の結果どこをどう間違えたのか私の体からはインスリンが出ていないと言う診察でした。私もびっくりしましたが医者はこれは糖尿病だ、こういうのを隠れ糖尿病と言うと言う話をしました。私も約70年間は特にここ50年ぐらいは病気をしたことがありません。2.3年前にも家内が足の怪我をして病院へ治療に行ったわけですがその病院が外科、内科の2局がある病院で結構混んでいる病院で家内はその病院に行って外科の治療を受けながらインフルエンザに感染してきました。

パソコン,リウマチ,SIRIUS看護師

病院では2週間の謹慎というか家を出るなと言うことで家内は2週間ずっと家の中にいたわけですがその折私は家内と向き合って食事をし課題と向き合って話をする機会が1日のうちの数時間あるわけですが2週間インフルエンザの患者と向き合っていて自分がインフルエンザに感染しなかったと言うことがずっと自慢でした。そのくらい健康な体だったのでまさか糖尿病になるとは思っていませんでした。しかし本当に糖尿病なら困るなと言うことで血液検査の結果が出るまで様子を見てみようと言うことにしました。約1ヵ月後に検査の結果が出ました、結論から言うと糖尿病ではなくインスリンも出ている、ただインスリンの出る時間が正常の人は食事をすると同時に血液中のインスリンが増えるそうですが私の場合はインスリンが出てくるのに時間差があると言うことでした。

パソコン,リウマチ,SIRIUS検査

検査の結果はやはりどこも悪いところはないと言う事でしたがその時私は体重が着衣のままですが79.8キロありました。2年位前から体重が増えだしスラックスのベルトは穴1番遠いところウェストのサイズは94センチのスラックスが少しきつくなり始めておりました。医者には体は健康な状態だけれども歳をとってきたら痩せた方が良いと言うことを言われ痩せる治療を始めないかと提案されました。話を聞いてみると痩せる治療というのは簡単に言えば初期の糖尿病の治療だそうです。今のうちに治療を始めておけば糖尿病にはならないし多分健康を保持できると言うことでした。

パソコン,リウマチ,SIRIUS医者

そこで医者の言うように毎日朝一錠の薬を飲むと言うことを始めました。そんなことで毎月いわばかかりつけ医に体の検査をしてもらうと言うこととしました。そして体重はすこしずつ少しずつ減ってきましたがその治療をしているときに左右の手の指の関節が痛くなったわけです。最初は前にも話したように歯医者へ行っていてインプラントのいわば工事をしていたわけです。そして医者には感染しやすいと言われいちど埋めたインプラント取り出してまたインプラントの手術をしてまた取り出してなると言うことを3回も繰り返しました。この時歯の感染から体の中に菌が入り体内のどこかの部分に感染症状が出ていたのではないかと思います。

パソコン,リウマチ,SIRIUS医者

そうすると薬を使わずにリウマチを直す5つのステップと言う本で今井先生が指摘をしている項目とおんなじだなぁと思えるのです。


健康が一番です。

パソコン,リウマチ,SIRIUS健康が一番

いよいよ武漢肺炎のワクチンの接種が始まりました、(この肺炎のことをあくまでも発祥地を限定するために武漢肺炎もしくは武漢ウィルスといいます。)

 

自分は今まで1度もワクチンの接種と言うことをしたことがない、今までのインフルエンザウィルスもワクチンの接種をしたことがないが数年前に家内が医者へ行ってその医者は外科医だったけれども内科も併設されていてそこにインフルエンザの患者がいたらしい、そこで家内がインフルエンザに感染してきて医者に2週間家の中に留まるように言われたときに自分はずっと2週間家内と向き合って暮らしていたけれどもインフルエンザには感染しなかったと言う話を書いた覚えがあります。

パソコン,リウマチ,SIRIUS看護師

今回この武漢ウィルスに関してはインフルエンザと違ってワクチンの接種をしようと思っている。何故かと言うと多分日本政府かあるいは各都道府県に置いて移動する時、旅行する時などにこのワクチンの接種証明の添付が義務化されるのではないかと思う。もし行政で添付を義務化しなかったとしても各ツーリストの旅行の参加条件には必ずワクチン接種の証明を求めると思う。

パソコン,リウマチ,SIRIUS飛行機

昨年の暮れ12月の9日から九州方面へ松本空港から飛行機で出かけるときにまず空港に参集をしたときに全員が体温の検査を求められ非接触の体温計で測った状態でオッケーであればそのまま参加できてその体温計で体温が異常と言う表示が出ればその人は実際に脇の下入れる体温計で体温を測ってオーケーが出れば初めて参加と言うことが認められる。旅行地へ行っても各ホテルにしてもいろいろな昼食時場所にしても全てが検温をしての入館あるいは入場である。つまり今度のワクチン接種が始まると各ツアーに参加する場合でも必ず参加者にワクチン接種の証明の添付を求めることは間違いないと思う。

パソコン,リウマチ,SIRIUS医者

自分が旅行に行きたいと言うことを前提に今まで受けたこともないワクチン接種をしようと考えている。

 

パソコン,リウマチ,SIRIUS続き帯
リウマチを直す5つのステップ言う本にも書いてありましたが免疫力を高めてリウマチを治すと言う考えもあるようです。

パソコン,リウマチ,SIRIUS本

そこで免疫力とは何かと言うことになるわけですが私の同級生の説は免疫力とは腸の力だと言う話です。腸にはいろいろな細菌やまた人間の体のためになるウィルスなどがいるそうですがそもそも今流行っている武漢ウィルスにしても免疫力がないから感染すると言うことらしいのです。

パソコン,リウマチ,SIRIUS免疫力

人間はこの世にできてから何万年と経っているわけですがその間にいろいろなウィルスに感染して発症した場合もあるしあるいは病気にならずに過ぎ去った場合もありいろいろなウィルスに免疫ができていると言うことです。何万あるいは何何十万と言うウィルスにすでに人間が何万年も生きているうちにそのDNAの中にウィルスの免疫と言うものができていてその免疫のないウィルスだけが感染しやすい、そして感染するときに発症する人と発症しない人がいます。それは腸の中にある免疫力を司る力が強い人弱い人によって決まってくると言うことです。

パソコン,リウマチ,SIRIUS免疫力

そして腸の免疫力を強くするためにはいろんな菌を腸の中に増やせば良い、それはいいヨーグルトを食べることだと言っていました。良いヨーグルトと言うのはもう数が決まっていてLGG乳酸菌、L-55乳酸菌、ガセリ菌sp株、R-1乳酸菌などというのがあってその乳酸菌で作ったヨーグルトを食べれば良いと言うことです。そしてヨーグルトは食事をたくさんした後に食べるのが良いと言うことです。

パソコン,リウマチ,SIRIUSヨーグルト

乳酸菌などの菌胃液が殺してしまうということです。ここで食事をある量した後胃液が薄まっている状態の時に乳酸菌をとると腸まで届く可能性が高いそうです。またヨーグルトはもし胃液で菌が殺されたとしてもその死骸が腸まで届いて今度はそれが乳酸菌など腸内にいる細菌類の食料になるそうです。

パソコン,リウマチ,SIRIUS味噌汁

だからヨーグルトなどの乳酸菌を含む食物他には味噌汁とかあるいは甘酒とか漬物類とか醤油とかいろいろな乳酸菌を含む食べ物があるわけですがそれをできるだけバランスよく多くとることが大切だそうです。

パソコン,リウマチ,SIRIUS甘酒

人間に必要な菌類は腸の中にたくさんいればいるほど人間の免疫力が強くなると言うことです。前に書いたLGG乳酸菌、L-55乳酸菌、ガセリ菌sp株、R-1乳酸菌などを原料とした乳酸菌は普通に市販されていますので調べればすぐわかると思います。そして乳酸菌をとることによって免疫力を高める、するとリウマチにもかかりにくくなると言うことです。ヨーグルトを食べてリウマチにかかりにくくなるであればこんな簡単な事はありません。

パソコン,リウマチ,SIRIUS乳酸菌

私はその話を聞いてから毎朝明治のR1ヨーグルトを食事の後に食べるようにしています。そしてこの頃は夜の食事の後にも自宅で手作りしたヨーグルトを食べます。ヨーグルトを作るヨーグルトメーカーと言う簡単な機械がありそれで牛乳を使ってヨーグルトを作ります。

 

前にも書いたあの数種類の乳酸菌類のヨーグルトの液体でできたものが市販されておりその液体のヨーグルトを買ってきてそれを牛乳に混ぜてヨーグルトメーカーで一晩かけてヨーグルトを作るわけです。

パソコン,リウマチ,SIRIUSヨーグルトメーカー

自分としてはリウマチの予防そして免疫力のアップそれから健康のためにヨーグルトを毎日2回ずつ欠かさず食べることにしています。